MENU

東京から北海道へ、引越し見積もりをたくさん集める

↓ ここ使い勝手良かったですよ ↓

東京から北海道に夫婦で引越すときの料金相場は?

 

東京から北海道に引越しするとなると...

 

距離的には約1200キロ、しかも津軽海峡超えの移動になります。荷物をトラックで移動してもらうだけでも高速道+フェリーで丸1日以上かかります。

 

東京から北海道は1200キロ

 

これはもう立派な海外です。

 

一般的な東京から北海道への長距離引越しの流れだと、夫婦2人の場合、

  1. 荷物をトラックに積み込み (約2〜3時間)
  2.  

  3. トラック移動 (24時間以上)
  4.  

  5. 新居への荷物運び入れ(2〜3時間)

となります。

困った主婦

 

これらすべてを1日で行うのは不可能。荷物積み込み〜北海道での荷受まで3日間くらいかかると考えて良いでしょうね。

 

引越し先は札幌だろうが、旭川だろうが、帯広だろうが、函館だろうがソンナに料金は変わりません。

 

北海道ってそれだけ東京からだと遠くって、どこも一律料金扱いみたいになっちゃうんですよ。

 

そんな北海道ですから自分たちの移動時間や、旧居の引き払い点検、新居のカギ受け取り...

 

などを考えると、通常ですと荷物出し日と新居荷受日の2日+移動日になるでしょう。

 

使用するトラックは夫婦2人の荷物だと4トン車2台くらい。引越し作業員は3人でやってくるでしょう。

 

となると引越し費用の見積もり料金相場は...

 

  • 荷物運び出し 3人×12000円×2日=72000円
  •  

  • 4トントラック  2台×15000円×2日=60000円
  •  

  • フェリー移動  2台×50000円×2日=200000円
  •  

  • 引越し業者利益 3割×332000円=99600円

合計431,600円で引越しができる見積もり試算にはなりますが...。

 

ネット上で東京から北海道への引越し見積もり検索をすると、

 

大人二人で...23万円〜50万円

 

というのが多いです。

クラクラ主婦

 

まあ引越しに定価料金ってありませんし、見積もり料金設定はすべて引越し業者さん次第みたいなところがあるのでこれは致し方なしです。

 

あとは引越し業者さんとの交渉やカケヒキで、なんとか見積もりを安くしてもらうしかありません。

 

特に北海道の引越しは、

 

荷物を積んだトラックのフェリー移動などにかかる費用を抑えること

 

が、引越し見積もりを安くするコツです。

 

 

引越し業者さんから引越し見積りを取る

 

東京から北海道のような長距離引越しが決まったら、一番最初にしなければならないのは

 

  1. 引越し先の住所
  2. 引越し先の階数
  3. エレベーターの有無
  4. トラックの侵入経路

を確認すること。まずコレらの情報を事前に確認してください。

 

そしていよいよ引越し業者さんに引越しの見積もり依頼です。

 

特に東京から北海道のような長距離の引越し見積もりは、多く集めるのに越したことはありません

 

よりたくさんの業者見積もりを取ることで、その時期の価格相場がわかりますし、引越し業者さんに価格交渉することだっててきますから。

 

なので最近は、無料でスグに引越しの見積もり依頼ができる

 

引越し業者一括見積もりサービス

 

を利用する方が多いです。

 

だって、自分で

 

  • 良さそうな引越し業者を見つけるのには時間がかかる
  •  

  • 1社1社に自分から連絡をしなければならない
  •  

  • 同じ内容(旧住所新住所、希望日時、荷物量)を何度も話さなければならない

といった煩わしさがナイので。

 

そう考えるとやっぱり便利なサービスなんです、無料の引越し一括見積もりって。

 

引越し一括見積りを正しく使う方法【心の準備編】

 
それでは引越し一括見積もりを正しく使う方法についてです。
見積もり下見に来てもらう業者を3社+αくらい先に決めておく
10社すべてに見積もり下見を頼んでもイイんですが、それはそれで大変です。 全国大手業者3社(パンダ or 0123 or 蟻さん)あたりと、 もう1社くらい気になる業者さんや北海道が地元の引越し業者さんを自分の中で候補にしておきます。
見積もり下見に来てもらいたい日時を2日ほど事前に決めておく
ほとんどの業者が見積もりでは下見を希望します。その理由は、
見積もりに来て帰らない作戦で価格交渉をして当日契約を取り付ける
作戦だからです。
なのであなたは、この業者心理を逆手に取って

いちばん安くなりそうな引越し業者さんに最後に見積もりをしてもらう作戦

をとります。 ワタシの経験から言うと、

パンダマーク < 蟻さん < 0123 < 北海道の地元業者

の順で価格が高い!(と思う) なので

価格最優先にする場合は、最後の最後にパンダマークと交渉をする

品質重視ならば、電話応対や見積もり時の態度や保証内容で決める

と先に決めておいてください。
 

引越し一括見積りを正しく使う方法【実戦編】

 

引越し業者さんから電話が来てもアワてず対応しましょう。電話で最初に言っておきたいことは

 

顔

 

予算があるので、あらかじめ概算金額を知りたいです。

 

そのうち安かった3社くらいに見積もり下見をお願いするつもりです。


と最初に伝えることです。

 

そう伝えれば

  • なにがしかの形で概算金額を回答してくる
  •  

  • 営業担当から折り返す

と言ってきます。

 

この時点のやりとりで電話応対の悪い業者はパスしてください。

NG主婦

 

しょせん電話では正確な見積もり金額は出てきません。なので、3社くらいを見繕って実際に見積り下見をしてもらいましょう。

 

そのときでも忘れちゃいけないのは、

 

本命業者には最後の最後に来てもらって、そこで契約する

 

気持ちでいることです。

 

先にきてもらう2社には悪いのですが、値下げ交渉のための礎。心を鬼にして帰ってもらいましょう。

 

業者は必ず、

 

業者

 

今決めてくれるのなら○○万円まで値下げします!


 

と言ってくますが、価格優先なら最後の業者に見積もってもらうまで妥協しちゃダメです。

 

見積もりなんて所詮カケヒキ。

 

他社さんから既に○○万円でできると見積もりもらってますから...と来てもらった業者さんに次々伝えれば、ソレ以上に下げてくるのが引越し業者の手口。

 

特にその戦法を取ってくるのがパンダマークの業者さんなんです。

 

パンダマークの業者さんは、北海道にも支店があるので、

 

先に北海道から関東に引越すトラック荷物便の帰り便

 

を使わせてもらうという裏ワザが使えるんです。

 

この方法を上手く使って指定時間・指定日なしだと、条件が合えば3LDKの東京⇒北海道の引越しが7万円でできることもアリマス!


なので引越し費用を安くしたいのだったら、

 

  1. パンダマークさんか本命業者さんをいちばん最後に来てもらう
  2.  

  3. ダンボールや養生シートやプチプチ、ヒモやガムテープはすべて無料にしてもらう
  4.  

  5. 引越し後の新居には不要ダンボールを無料回収にきてもらう

Vサイン主婦

という心構えで交渉に臨んでください。

 

あなたの引越しが大成功しますように...。

 

 

 

 

▼パンダマークの業者さんも参加▼

引越し業者一覧

引越し見積りの一括サービスはコチラ >>

 

 

 

 
このページの先頭へ